育毛剤の効果とⅡ型5αリダクターゼ

薄毛に大きく影響しているⅡ型5αリダクターゼは、前頭部に影響が出やすい事と、同じ周辺の頭頂部あたりにも影響が出やすい傾向があります。

その為、中高年に髪の毛が減っていく場合は、前方のM字部分の生え際が後退していくスタイルと、頭頂部版から髪の毛のボリュームが減っていくスタイルがあります。

どちらもⅡ型5αリダクターゼの影響なので、AGA治療薬を使って対策をする必要が有ります。

フィナステリドなどのAGA治療薬を使用していけば、悪影響を与えているジヒドロテストステロンを抑える事ができるはずです。

この状態を維持できれば、育毛剤などが本来の働きを取り戻すことができるはずです。

食事はサプリで亜鉛やカルシウムなどを摂取していれば、そのミネラルの有効成分の働きが頭皮に現れてくるはずです。

Ⅱ型5αリダクターゼの影響は今後もずっと続いてしまうため、AGA治療薬を継続的に摂取していく必要が有ります。

特に若い年齢で薄毛になっている人は、男性ホルモンの影響が出ていることは間違いないので、早めにAGA対策を始めることが重要になります。

自分でAGAの症状であるか分からない時には、薄毛対策を長期的にやっている人に相談したり、頭皮チェックをしてくれるクリニックなどに足を運ぶのも良い方法となるはずです。関連サイト:男性用育毛剤

色んな育毛剤を試してきました

私は12年以上前から育毛剤を使い続けています。

最初は髪の毛が薄くなったのが原因で育毛剤を購入し使い始め、今では100種類以上の育毛剤を使ってきています。

他の人よりも育毛剤に対する知識は豊富だと自負できますし、色んな育毛剤を使ってきたからこその経験なども備わってきています。

今まで私が使ってきた育毛剤の中で一番効果のあったものは、大手のメーカーが販売しているものでした。

さすが大手とでも言いますが、やはりこの育毛剤だけは効果は段違いでした。

使っているとみるみる髪の毛が増えてくるので、実際に使うのが非常に楽しくなる育毛剤だといえます。

効果の感じることができない育毛剤は使っていても楽しくないのですが、この効果をバッチリ感じることができる育毛剤は使っていて本当に楽しかったのを覚えています。

逆にあまり効果のなかった育毛剤は無名メーカーのものです。

あまり知られていないメーカーのモノはできるだけ避けたほうがいいかなと感じています。

育毛剤を選ぶときはメーカーの規模などを参考にするのも一つの手だと思います。

そうすることですぐにいい育毛剤を見つけることができます。

効果のあるものを使って髪の毛を増やす楽しさを味わって欲しいと思います。